パラグアイ | GO→世界

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移住という選択【イグアス市】

06 06, 2014
 

2014年5月8〜10日


たまにはマジメな思いでも書いてみるかと思うのです。
根がマジメなもので。
自分でいっちゃうっていうね。
あえてね。あえて。な。




というわけで、
なんか他の人のブログとかの情報をたよりにパラグアイの日本人居住区にやってきました!
パラグアイの道に突然こいのぼりが(,, ゚Д゚)!!
thIMG_2593.jpg 







南米には、ペルー、ボリビアやブラジルなどにも、多くの日本人移住区があります。
もともとペルーから始まった南米の日本人移住は、アルゼンチンにも及びました。
ここは、そのなかでも歴史が新しいかつ、日本文化を絶やさないように残っている移住区だそうです。

thIMG_6816.jpg 


最も有名な日本人宿、ペンションに園田に2泊しました。
thIMG_2664.jpg 







Q.もともと、
なんで日本人は南米に移住してきたの?










南米の日本人移住は、戦後に最も過熱しました。
戦争で職を失った人々が、
『南米に行けば、コーヒー農家などで働き、大金を手にできる』
そううたった南米片道ツアーが大量に用意され、何万人もの日本人が南米に渡りました。
その証拠に、
南米移住者の先駆者は沖縄出身が多いらしく、
戦争被害の少なかった京都出身者はここのイグアス居住区にもいないそうです。



しかし、
南米ドリームを夢見て渡ってきた人たちに待っていたのは、
一から熱帯雨林を切り開いて自分たちの畑を作る作業。
大金を手にできるどころか、
日本に残してきた家族や親戚に送る仕送りさえ稼ぐことができず、
自分が生きることが精一杯の過酷な暮らしでした。
当然、日本に帰るためのチケットも買えないため、
そこで一生を終えることも確定しました。
そんな日系1世の人もまだ生きて住んでいるということです。





町には鳥居が…!!(,, ゚Д゚)
thIMG_2623.jpg 


そのすぐ横にはコープがあり、なつかしい日本食が売っていました。
thIMG_2605.jpg 




久しぶりに食べたトンカツが涙が出るほどおいしくて、
終始このポーズのまま完食しました。爆

thIMG_3099.jpg 





ここイグアス居住区は、
大豆農家が大多数であり、自家製の納豆や豆腐も売っています。 
東北大地震のとき、
ここでとれた大豆でつくった豆腐が
2万丁被災者たちに寄付された
と聞き、
遠くはなれた母国の危機。
そんな母国は自分たちが南米で苦しんでいたときなんの補助もなかった。
それでも今も母国としておもって助けあうイグアス居住区の方々の
アツい気持ちにオレは胸が熱くなりました。






そんな豆腐と納豆なんだなーと噛み締めていただきました。
日本となんもかわらない味に、オレの左手親指は立ちっぱなしでした。合掌( ̄ー+ ̄)
thIMG_2639.jpg 






次の日は、日本人移住博物館を案内していただきました。
この方は、鹿児島出身の日系1世の方です。
thIMG_2655.jpg 




入植当時(約50年前)は、ここはこのような原生林だったそうです。
thIMG_2649.jpg 




今では、パラグアイ国家の大豆生産料を担うほど大規模になり、
日系人の方々は億万長者くらい裕福なのだそうです(´・ω・`)すげー。
オレらみたいに
興味本位でやってきた旅人とかは、
『昔ながらの日本が残ってていい〜』
とか言うそうですが、
日系一世の方などはそういった古い人間扱いされることを嫌がられるそうです。
そりゃそうですよね。
ここは『古き良き日本』じゃない。『今』なんですから。







オレらが博物館を探してさまよってるとき、
顔は完全にパラグアイ人の女の子が、日本語で『こんにちは』とあいさつしてくれました。
道をたずねると、親切に説明してくれました。
日本語学校もあったり、学校でも日本語を習うようですね。




日本人ってステキだなぁ。そう確認できた町でした。
thIMG_6689.jpg 





次回
『イグアスの滝両サイド見たどーー【ブラジル側】』



世界一周ブログ村ランキングに参加しています。
現在15位くらい(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
よろしければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



携帯・スマホの方はこちらの文字をクリック
にほんブログ村







スポンサーサイト

屁も出んわ。

06 05, 2014
楽勝すぎてな!!(,, ゚Д゚)


というわけで


 
2014年5月8日

 


すごいうんざりな移動を終えて、
やってきました24カ国目、パラグアイ
です(*´∀`*)
839bcece.png 839aerer.png 

パラグアイは国旗に裏表があるというめずらしい国だそうです。
左が裏。右が表となります。





最初の町、エンカルナシオンのバスターミナル周辺
thIMG_2551.jpg 
対岸のポサーダス(アルゼンチン)は少し都会的なところでしたが、
エンカルナシオンは赤土の建物が多い田舎のちょっとした町という感じ。




ここでボクは、
ブラジルVISAをゲットしに来ました。
なんでも南米内でもっとも楽勝にゲットできるそうなのである。











話しは全然変わりますが、
日本で数学の講師(本業ではない)をやっていたとき、
生徒たちから
『先生どこの高校出身なん〜?』
と聞かれることがよくありました。
小中生というのは先生の学歴が尊敬に値するかどうかに敏感です。
そんなときボクは、
『楽勝高校やでー』と返していました。
生徒たちの精神年齢にあわせるという高等テクであります。
このひとアホなんかな?と思われることもありましたが、
生徒の中の流行語になるくらいハマってくれるクラスもありました。
またあるとき、
どこかの入試問題などを生徒に解かせる時、生徒たちは
『これどこの入試問題なん〜?』
と聞いてきました。
ボクは
『楽勝高校やー。これ解けないと楽勝高校受からへんぞーやばいぞー。』
と言っていました。
簡単な問題だと錯覚させて生徒をリラックスさせる高等テクであります。
また先生アホなこと言って、幼稚なんか?
と思っているマセガキもいましたが、
たいがいの子はそんな小ボケに笑って従順に頑張ってくれるかわいいやつらでした。
あ〜帰国したら早く働きたいな〜〜




 




まぁなにが言いたいかというと、
エンカルナシオンでブラジルVISA、楽勝(,, ゚Д゚)
ということである。
屁も出んのである。





まず、
屁もでんポイントその①
場所がバスターミナルのすぐ横!!行きやすい!!
thIMG_2558.jpg 
まぁ初めてエンカルナシオンに降り立ったら、
どんだけ近いって言われても不安やと思うけど、
バスターミナルのまわりを10分ほどうろうろしたらもう見つかるでしょう。
あえて場所の地図とかはのせません。あえてな。高等テクな。








逆に屁もでるポイントその②
日本語表記の説明あり(,, ゚Д゚)
thIMG_2554.jpg 
ここは日本なのか?というくらいの余裕さ。屁こいててもVISAゲットです。
他の場所でとったら残高証明をコピーしていかないとダメだったりするけど、
ここはクレジットカードを係のエロそうなおっちゃんに見せたらおちまい。
余裕すぎて逆に屁も出ないのである。やっぱり出ないほうなのである。







というわけで、ものの1時間程度で楽勝でVISAゲット(*´∀`*)
thIMG_2557.jpg 

屁がでるスキを与えないポイント③
最短で申請から10分くらいでVISA発行してくれる(*´∀`*)
※ただし、午後2時までしか空いてないので、11時頃までには着いておくべきです。






エンカルナシオンで1泊しないといけないと思ってたけど、
午前中でVISAをゲットできたので泊まる必要もなし。

次に急ぐは…
thIMG_2574.jpg 





(,, ゚Д゚)!!!♡!!!???!???!??
thIMG_2581.jpg 





次回
『移住という選択【パラグアイ】』




世界一周ブログ村ランキングに参加しています。
現在14位くらいなのか?そうなのか?(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
ひさしぶりに10位以内に入ってみたい|д・) ソォー
よろしければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



携帯・スマホの方はこちらの文字をクリック
にほんブログ村










るーさんと申します。たった今、世界一周中です。
ブログの『イイね』ボタンです。投票お願いします(・∀・)
カテゴリ
Twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
旅ともだちのブログ
直接わしのメールにコメント

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログを英語に翻訳だ
自宅でフィリピン留学
本当にフィリピン留学
ゲストハウス探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。