モーリタニア | GO→世界

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セネガルそろそろ行こかー!の前に。

08 04, 2014

今日からまた、ふつうにブログ再開します。


2014年6月27日



~前回のあらすじ~



…。なんやったっけな。笑
あ、そうそう。
アフリカの目を見て、首都ヌアクショットにもどるとこらへん。
あとはあれやな。
モーリタニアで食べたメシでも今日は書こう。
そうしよう。





モーリタニアに来れてよかった。
オレにとって、本当に意味のある場所になった。
thIMG_0236.jpg 




アフリカの目ではこんな生物も見れたし。
(大学の時の親友が、27歳になった今でもアホでうれしかったです。笑)
thIMG_0583.jpg 
※あくまで画像修正済ですから!






こんな一面の砂漠の町でも、
どこで栽培されたものなのか、新鮮な野菜も豊富に食べれるし、
(確かに、売ってるトマトとか、めっちゃちっさかったけどな。。)
thIMG_9861.jpg 



醤油ベースみたいな味がして
ふつうに味がおいしいのである。
聞くところによると、醤油ベースではなく、一からブレンドして作り上げたダシなんだとか。
それが偶然でも醤油ベースみたいな味になるのが不思議。

thIMG_9863.jpg 







米だって食べれますよ。
味も醤油ベースみたいででおいしいですよ。
(わしゃ『醤油ベース』って何回言うねん。笑)

thP6233855.jpg 




ちょっと塩分が足りないと思い、
『アブドゥ、塩ない?』と聞くと、
アブドゥが持ってきてくれた塩がコレ。
thP6233856.jpg 

まじか。笑
すこしだけ塩の味がする石でした。ネタかなぁ?







レストランで食べた、マフェという料理。
見た目も味もだいぶカレーでした。
thIMG_4660.jpg 

おいしかったです!
とか言いながら、今この画像見てたら吐きそう(;´Д`)爆
おなか満腹でこのブログ書いてるからやわ。笑
あ、でも、実際マフェ食べてる時も、
『カレーみたいでおいし〜!』とか言いながらも、なんか吐きそうやったわ!!
なんでやろ!わけがわからん!!












ごはんがおいしいモーリタニア。(最後ちょっとブレたけど。笑)
でも残念ながら、
ごはんより水分を摂取しすぎて食欲は減退するモーリタニア。笑







そんなモーリタニアでお世話になった、メロンミルク(*´∀`*)
先輩お世話になりました!チューッス!
thIMG_4403.jpg 
これ、キルギスにも売ってたんですよね。
その時も毎日飲んでました。おいしいんです。










ちなみに、
ボクは果物だとメロンが一番大好きです。




ボクが小6のときやったかな。
それをみんなの前で言ったら、
『メロンが好きな人はナルシストなんだよ。』
と、
当時好きだった女の子に真顔で言われて
放心状態になったことを今でも覚えております。


『じゃあメロンじゃない!桃!』と言うと、


『桃?!うわ~きっしょ。エッチなんやね~』
と言われ、
もうなんの果物が好きかという会話は二度としまい。
そして好きな女の子も変えたんねん。
と思ったことを
今でも思い出しますね。。










話しを戻して。

約1週間、いろいろな話しをして、お世話になったアブドゥともついにお別れ。。
また日本で会えるんだろうか。本当に会えたらいいなぁ。
連絡待ってるで!!!!
thP6223537.jpg 







そして、ヌアクショットに戻ったオレたちは、
次の日ついに、セネガルへと国境越えをします。


 

南京虫がでた宿、ホテルサハラにもう一度帰ってきて、
南京虫がでなかった部屋に逃げ込み、ぼさっとしていると、
だいごが部屋に帰ってきて言いました。



『宿に泊まってるおっちゃんが
明日たまたまセネガル行くから、
オレらも一緒に連れてったるって。』


 
 
 


 

すぐに頼もしい次の相棒ができたのでありました(^_^)
この数日後、このおっちゃんと大ゲンカになります(恐)
thIMG_4751.jpg 






次回
『えげつないワイロの嵐』



世界一周ブログ村ランキングに参加しています。
現在位付近(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
よろしければ応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

携帯・スマホの方はこちらの文字をクリック
にほんブログ村


x
スポンサーサイト

リアルタイム、そして帰国について

08 03, 2014
 

前回の続き。




モーリタニアの砂漠のど真ん中のレストランで、
暑すぎる灼熱の太陽の下、
日本に帰ることをすんなり決めるに至った、私るーさん。
thIMG_4651.jpg  








現在モーリタニア編を書いていますが、
リアルタイムはもう西アフリカにもいません。






その後ボクは、セネガルに南下し、
本物のブラックアフリカを体感。
大学のときの同級生むっくと再会することができました(^_^)


    
 ↓
 ↓
 ↓


エボラ出血熱の報道に脅え、西アフリカ南下はここまで。
次に向かったのは、
中東イスラエル
ちょうどイスラエル軍のガザ地区の侵攻がはじまってしまい、
物々しい雰囲気のなかW杯決勝戦をイスラエル人と観戦(;´Д`)(どうなのよ…)


 ↓
 ↓
 ↓
 ↓




そしてヨルダンに逃げるように入国し、
温泉に行ってまいりました(゜∀゜)フライングゲット!
そして気づけば、ヒッチハイクでヨルダン縦断できちゃいました(゜∀゜)


 
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓



そして
 
現在地は、


ここなのです…!!

HTHTHTHTHTHTHTHYTYTY.jpg 






どこ?!?爆













旅も終盤。
老けましたねぇオレ(゚∇^d) (失礼な)






ほんで、
おい、るーさん。
日本に帰るって決めたわりには、
その後もいろいろ行ってますやん。
潔く男らしく日本帰りなさいよ。





あ?なんじゃワレコラ。もっぺん言うてみぃ。
(はっ、いかんキレては!!しかも自演で!!笑)


 


そうなんですよね。
結局、
セネガルから日本行きの航空券を調べたらアホみたいに高く、
それでも帰っちゃおうとも思ったんですが、

どうせ近々資金も尽きることもわかってたし、笑
どうせなら尽きるまで、なかなか行けないとこに行っとこう。
そのほうが日本でゼロからスタートができる。
という方向転換を渋々いたしました。



つまり、
今、ちょっと渋々旅しています。(;´Д`)
バカかオレは。バチあたるわ。
ちょっとですよ。ほんのちょっとね。





そして、今後の予定ですけど、
9月第一週、関空ですね。

ついに完全帰国します。


ついに…ついにこんなことをブログで書く日が来たのね…(T-T)


東南アジア経由が安かったけど
最後どこに行こうかな〜どうしよっかな〜(´・ω・`)迷い中っス。
最後に行っとく国を2択で悩んでおります。






こんな近況報告でひとつのブログを終わらせるのは初めて。
なんか写真もいらないし簡単だなぁ書くのヽ(・∀・)人(・∀・)ノ爆





あと1ヶ月、

なるべくブログ毎日更新しながら旅します。

あと40〜50回分ほどはブログは続くと思います。
(意外とまだまだやな…セネガル、イスラエル、ヨルダンの日記も明日からまた書こうとおもうので)


そして日本帰国と同時くらいで、すぱっとブログも終われたらと思います。



(さみしい…(T-T))
 


よかったらもう少しだけ、見てやってください。(゜∀゜)



 
 
 

 
あ、現在地エジプトっす〜
尊敬していた、最も有名なご夫婦ブロガーさんと会えましたヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

あのブログやってないのにブログ村でかなり有名なあの人にも会えました(^o^)/

まぁ詳しくは追々書きます(^_^)
 
 



世界一周ブログ村ランキングに参加しています。
現在10位あたりかな(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
よろしければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



携帯・スマホの方はこちらの文字をクリック
にほんブログ村


x

あ、オレもう日本に帰ろう。

08 02, 2014
 
2014年6月25日




〜前回までのあらすじ〜


無事アフリカの目から帰ってきて、
砂の国モーリタニアをこれでもかというくらい満喫したるーさんたち。
毎日マラリアとエボラ熱に脅え、大量のゴキブリとハエに苦しむ日々。
ついにはサソリの被害者まで出て、なんじゃここは。
こんな国ほどいつかもう一度帰ってきたくなる。
今日も明るくいきましょうヽ(・∀・)人(・∀・)ノ



 
 
 



ワダン、アフリカの目と見て回り、
どこまでも続く砂漠の国モーリタニアをあとにすべく、
首都ヌアクショットまで戻る途中である。



ランクルーザーが昼食に立ち寄ったのは、こんなレストランでした。
thIMG_4643.jpg 



 
 
 

このパノラマ写真の中央にちっちゃく見えるこの建物ね。
thIMG_465erer1.jpg    

 

 
 


えぇぇぇぇぇええ


ここどこぉぉぉお





この建物以外、360度、地平線のむこうまで全部砂漠である。
こんなとこに建物があるだけでもすごいのに、
ここはレストランなのである。




『一体ここどこやねん』ランキング
…!





 
 
 
なんか笑える…


こんなよくわからないとこでおなかをすかせて昼飯を待ってるオレに笑える…爆




 



ほんで、調理、外でするんやね…
thIMG_4646.jpg  
もはやちょっとやそっとのことでは驚かへんわ。笑








オレが調理をのぞきに行くと、
炎天下の下で肉を切る、この写真右に写るコックさんが
笑顔で調理を見せてくれた。
言葉も何もわからんけどね。ていねいに説明してくれた。






このコックさん、意外とキレイ好きで。
あくまで希望的観測やけど、かなり衛生状態の良い食べ物が出来上がった。

thIMG_4656.jpg 


カボチャの甘みが効いた、うす味のパスタ。
フォークないので、手づかみね。



指でとって、手のひらでぎゅっとにぎって食べるのがモーリタニア流。
パスタの食感とかを楽しむんじゃなく、
おにぎりみたいに握って食べやすくするのである。むぅ…(´Д`)






みんな満腹になると夕方までの昼寝タイムがはじまる。
みんな爆睡しとる(´・ω・`)
オレはどうにも昼寝できず、
ひとり起きて、こんなことを考えていた…






<ここから先、クサいですよ!観覧注意!安全第一!>






オレはこの1年3ヶ月、
いろんな国をまわってきた。
このモーリタニアはちょうど30カ国目かな。
たった30か…全然やな…世界広すぎ…




もともとつい2年前くらいまで
日本以外の国に全く興味がなかったオレ。
世界一周は、ちっちゃい頃からの念願の夢でもなんでもない。








なんでオレって、
世界をまわりたくなったんやっけか。

ときどき旅をしながらも疑問に思うことがあった。






もともと、
きっかけはというと、
ベッドの横に貼ってあった世界地図を毎朝見てたら
急にとてつもなく行きたくなったから。 

我ながらアホな人生の方向転換である…笑
 



だから、旅をしながら、
『なんでオレは世界一周をしてるんやろ』 
その答えをいつも心のどっかで探していた。




 



なんとなくカッコいいから。
それも一つやな…笑
でもたったそんな理由で人生方向転換できるような
フットワークの軽い人間ではない。



このまま老いていく自分にゾッとして、
でっかいことに挑戦したくなったから。

それも一つ。
でも答えじゃないな。






このモーリタニアで、
この、とてつもなく辺境の、砂漠のど真ん中のレストランのコックさんの笑顔を見たとき、
ふと感じたことがあった。




なが〜いこと旅してきて、
アジア、中東、アメリカ、南米、そして今いるアフリカ。
ほとんどの大陸に行った。

世界中の人を見たわけでは到底ない。
それでも、
世界中でオレが出会った人たちは、
本当に親切やった。



異国から来たオレを歓迎してくれた。
子どもも大人も、おじいちゃんもおばちゃんもみんな。
オレのために泣いてくれる人まで。
こんな地図にもないような場所の人でさえ、
やっぱりやさしかった。 





ただただ恐いところだと思っていた世界は、
とてもじゃないけど
『恐い』の一言でかたずけられるものではなかった。




ああ、世界は
こんなにもやさしさで満ちあふれてたんやなぁ。




オレはすごいことを知れた気がした。
世界はやさしさであふれている。
オレは、この事実を自分の目で確かめたかった。
だから世界一周に出かけたんとちがうかな。







そんな答えが、
すーっと自分の中に入ってきた。
もちろんやさしさなんて感じない体験も山ほどしたけどね。
胸ぐらつかまれたこともあれば、バカにされて笑われることなんてしょっちゅう。
ま、そんなことはおいといて。笑








その答えがでたとき、
肩の荷がおりたような気分と同時に、
今までの心に残るステキな出会いの数々が、
急に頭に走馬灯のように思い出された。(…ん?わしゃ死ぬのか?爆






旅に出る2年前くらいは、
『オレ、日本人に生まれてよかった〜』
とかよく言ってた。
なぜかというと、
まだ見ぬ世界中の国々と比べても、
すべてにおいて日本に勝る国はないと本気で思っていたから。
 


自分の国を誇りに思っているからじゃなくて、
他の国を見下してるだけのやつ。
選ばれた人間かなにかと勘違いしていたらしい。




今ならこう言い換えたい。
『オレ、人間に生まれてよかった』




人間に生まれたから、
こうしていろんな感情が涌き上がって、
世界でオレにやさしくしてくれた数えきれないくらいの人たちのように、
オレもいつかだれかに、
同じようにやさしさを与えていくことができる。




人間っていいなぁ。






こんなサブすぎることを、
灼熱の砂漠のど真ん中でおもったのである。笑

体が冷えてちょうどよかったかも〜(*´∀`*)

 




このとき思った。

『あ、もう日本に帰ろう。』

もうオレにとって、これ以上世界をほっつきあるく必要はない。




 




次回
『リアルタイムと、帰国について。』


最近りのちゃんが、
ようやく世界2周目突入&カミングアウトしたとこやのにーーー(,, ゚Д゚)!!爆 






世界一周ブログ村ランキングに参加しています。
現在10位とかかな(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
よろしければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

携帯・スマホの方はこちらの文字をクリック
にほんブログ村


x

ここが『アフリカの目』かいなぁ

08 01, 2014
 

2014年6月25日




~前回までのあらすじ~


子どもたちに空手で戦いを挑まれ、
20歳も年下の子にボコボコにされてはなるまいと
冷や汗がでたワダンの昼。
その夜、アブドゥがサソリに刺されて帰ってくるという衝撃(笑)
夜の砂の上はもう絶対に歩かない。
でも、お風呂もトイレも外。。
尿意とサソリを天秤にかけたら、どうしても尿意なのである…!







はい。
ということで、今日の目的地、
『アフリカの目』って知ってますか?
あ、偉そうにいいましたが
僕もついこの前知ったばっかりです。




 
 
 
読者の声:

アフリカに目があるの?

ん?わけがわからん。
さ、家出る支度しよかn
待てぃ。











待ってください。

そうでしょうそうなるでしょう。

ウェイトワンミニッツ、ワンセカンド…(海外のお土産屋でよく言われるやつ)



 





これはアブドゥの部屋に飾られていたモーリタニアの地図。
thP6213510.jpg

意味深にアブドゥが左下あたりを指差してますが
たぶんどうでもいいので無視してください。
アフリカの目と呼ばれる場所は、右上の台風の目のようなところです。







 
そして、これはじゃっかん衝撃です。

下の二枚の写真は、
衛星写真で見た、アフリカの目です。

20130909192024fac.jpg ダウンロードfefefe 
ぐーぐるあーす



おおお〜〜〜



行こ……かな?!


しかしあれやなぁ…
衛星写真でこれでも肉眼ではどう見えるかわからんし…
セスナとかで上空から見れるならまだしも…
てか、魚みたいにも見える
てか、なんか恐そやな…
まぁ、あるっていう事実だけ知っとけばそれでいいかな…







天の声:でもここ、
死ぬまでに行ってみたい世界の絶景100選

載ってるらしいよ。







る:行きます。
世界の絶景とか、死ぬまでに行ってみたいとかに弱いのである。
『近くにあるならせっかくやし行っとこか』精神に火をつけるのにもってこいのワード。
もはや行くのは義務。
できませんとは言いません。『やってみます』の精神です。
 






読者の声:べつに義務までおもわなくていいんじ…義務です。 




読者の声:いや、ほんまに義…義務です。





 





 

というわけで。
実は、これを見るために、
はるばるワダンにやってきていたオレたち。



アフリカの目は、ワダンからランクルーザーで2時間ほどの場所にあります。

もちろん公共交通機関なんかはないし、
タクシーもワダンにはないので、
現地人との交渉もしくは、
アブドゥのような土地勘のある案内人が必要です。
だから、誰しもがあっさり来れる場所ではないのは確か。
燃えるぜぇ








朝の涼しいうちからスタート。
ランクルーザーで今までと同じような砂漠をひた走ること1時間。
突然
黄土色やった砂漠が、黒っぽい色に変わりだしました。
どうやら『目』の中に入ったようです。
まだ白目の部分かな。




そこからさらに1時間ほど、
黒茶色のような、灰色のような場所を、
オレらを乗せたランクルーザーだけが走ります。

それは、
どこか地球以外の惑星を探索しているような異様な時間でした。




それこそこんなとこで故障でもしたら、
誰にも見つけてもらえずにひからびて死ぬしかないなぁ…
あかんあかん。
考えたら負けや。




そして、
100mほど、高台になったような場所を
ブインブインいわせながら登り、


着きました。
ここが、『アフリカの目』です。

thIMG_0440.jpg

 


 






(´・ω・`)

 

 








ムーミンの友達みたいな人はいるけどここはもしや…あ、これオレか。
thIMG_0452.jpg



パノラマ写真です。ふむふむぅ。
ththIMG_4606.jpg



 

 

いや、集中しろ、オレよ。
ここは、死ぬまでに一度は来たい世界の絶景100選の場所だぞ。




どこまでも続くこの光景。風の音しか聞こえない…(( * ・`ω´・*)b グッジョブ
thIMG_0444.jpg 




そうそう。


雑学的なことをはさみますと、
これはリシャット構造と呼ばれる陥没した地形で、
ドーム状の隆起運動(はてな)によってできたものだとか。
直径が50キロあり、衛星写真でしか全貌がわからないほど大きく、
発見された当初は、
隕石の墜落した跡だと思われていたそうです。




あ、もちろん最近知りました。






言ってしまえば、なんもないただの一面の砂地なんやけど(言っちゃイカン(,, ゚Д゚)
なんだろうかこの、表しようのないパワーを感じるというか。
まわりにオレらしかいない。
来ちゃいけないところに迷い込んだような、
どこか二度と帰れない場所に来ちゃったような、漂流しちゃったような
物々しい気分になりました。(よーーしイイこと言うてるぞ!!







こんなところでもラクダは住んでおります。
thIMG_0373.jpg 
ラクダも、自分たちが今いる場所が、
人間が『アフリカの目』とか呼んでるなんて知る由もないでしょう。。







ランクルの前で、ミントティーをつくりはじめるドライバー。
いつでもどこでもミントティーを飲みたいやつらやな、君たちは(´・ω・`)

thP6254071.jpg






おや?



すごいのがいましたよ。

thIMG_0596.jpg
※画像処理済ですのでね。








人間に酷似しているが、文明を知らないようだ。
ここで生まれ、独りで今まで生き抜いてきたのだろうか。すごい跳躍力である。
thIMG_0577.jpg
※あくまで画像処理済なので。







『大地の子って感じのやつ』と名付けることにしました。
thIMG_0591.jpg
※画像処理済ですって。 




 

人間の生まれた場所かもしれませんね。ここは。。
なんて雑なオチなんだ…死) 


 






最後は記念撮影ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ
この写真、なんかみんな楽しそうで大好きです。
thIMG_0558.jpg






アフリカの目、行ってみたくなりましたか?(゜∀゜)

えとね、2泊3日で90ドルもかかりましたよ。
あ、食事、宿代含めてやけどね。


あの~、
たぶんオレが読んでる人なら、すごく行きたくなりませんね・・・








コラ!(o#`・З・)o〃ブツヨー









毎日毎日外で蚊帳で寝る生活。
日の出とともに明るくなって暑くなって目覚めちゃうんですよね。
ththIMG_4603.jpg 

でも俺、こんな毎日のモーリタニアなんか好きやなぁ~(^_^)







次回、
『あ、そうだ。日本に帰ろう。』





世界一周ブログ村ランキングに参加しています。
現在10位とか(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
よろしければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



携帯・スマホの方はこちらの文字をクリック
にほんブログ村


x

そろそろあれが必要やな…【ワダン】

07 31, 2014

2014年6月24日





~前回までのあらすじ~


そりゃそうだよね、ここ、サハラだから。。。。。
ここにいなかったらもはや架空の生き物だよね、彼は。。。。
鳥取砂丘とおんなじやと思ってたらちがうよね。。。
さ、きりかえてこっ♪








死と隣り合わせの砂漠ツアーを終えて、
安心のシンゲッティの宿に帰ってきたるーさん御一行。
サバ缶てこんなにうまかったっけ。




つぎなる目的地は、ワダンという、
これまたユネスコ世界遺産の町。





富士山が世界遺産になるのにあんなに苦労してたのに、
世界には山ほど世界遺産があるんだなぁ~


なんて、思ったり思わなかったり。
ユネスコ世界遺産というのはそういうものです。



 


そして、シンゲッティからワダンに行くには、
いったんアタールの町まで戻ってワダン行きのバンを探すか、
シンゲッティからランクルーザーで砂漠を突っ切ってワダンに到着するかの2択。
費用やかかる日数を考えたところ、
これまたアブドゥにランクルーザーをチャーターしてもらって、

砂漠を突っ切った方がいいという結論に至り、
またまたアブドゥを連れ回すことにしたのである。
(アブドゥはそんなに宿を留守にして大丈夫なの?ま、いっか。笑)







あ、えっとー
シンゲッティとか、
ワダンとか、
わけわからん単語ならんでますけど、
モーリタニアの地名です。
モーリタニア自体どこやねんって思いますよね。
ボクも同意見です。
モロッコの下のとこですよヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

(今日初めて見てくださった人のための優男解説ーーぅ( ̄ー+ ̄)
そろそろ必要やとおもてたんですよー
常に読み手の気持ちを考える男!できる男。ふっ( ´ ▽ ` ))







 


さて。笑
まだ涼しい早朝にランクルーザーに乗り込み、ワダンの町へと出発。
さよなら、シンゲッティ。
なかなか濃かったよ。







そして、途中、名もなき集落に立ち寄ったところから書きたいと思います。
 thP6243961.jpg
 



まぁ、なんで立ち寄ったかというと、
日中の車移動が灼熱過ぎるから。
あのねぇ、まじでやばいですよ暑さ。
過去最高レベル。ドバイとかを簡単に越えました。
ここで、昼ご飯を食べたり、昼寝したりして夕方を待ちます。
thIMG_4575.jpg
 




たぶん村長さんの家と思われる、藁でできた家。
こんなことを言っては失礼だが、中は意外としっかりした造りで、
外はほんまに体感したことがないくらい暑いのに、
中はけっこう涼しい。

thIMG_0303.jpg 







モーリタニアではもう慣れてきた、
客人をもてなすミントティー。
村の女性がていねいにつくってくれます。
(その後は定番のおみやげを売りつけられる流れが待っています。)

thIMG_0305.jpg 


このミントティー。ほんまに暑いのにホットやけど、めっちゃおいしいんですよね。
thIMG_0302.jpg 







そして、昼食は、ラクダ肉!
モーリタニアでは高級品らしく、100グラムで500円くらいするとのこと。
現地人も滅多に食べれないそうです。

thIMG_0308.jpg 






あの~
ほんとにおいしいんですか?
独特の臭みあるんでしょ?どうせ。


imagesiuiui.jpeg






それではレッツディギン。










美味〜〜〜〜♡
よかったね、るーさん♡
 img61812847.jpg 

香川照之さん、2度にわたる友情出演、あざす。
ひとり3役できる彼の顔芸に尊敬。








昼食を終え、みんなが昼寝タイムに突入。
ボクは寝れなかったので外を散策してみると、
先ほど食したラクダさんが、めっちゃいっぱいいました。
整列してるし。
thIMG_4581.jpg





ラクダさんたちが井戸水を飲みまくっています。
順番をきちんと守って。
ラクダさんは調和を守れる道徳的精神がある生き物だということがわかりました。
thIMG_4584.jpg





その後も、井戸水で水浴びしたり、
(アブドゥの骨度が,, ゚Д゚))
thIMG_4572.jpg 



なんやこいつ。

thP6243910.jpg





おそらく微生物やらなんやらいっぱいいそうな水だったので、
井戸水で洗い流します。
今思えば、井戸水プールに入ってたんやから、井戸水で洗い流してもいっしょやん。笑
でも水道とかないからね。。。
thP6243930.jpg
ちなみに水かぶってびちょびちょでも10分で乾きます。笑






そんなこんなで集落を去り、
さらに砂漠をランクルーザーで走り抜けること2時間。




ワダンに到着しました(*´∀`*)

ワダンで唯一の宿、オーベルジュ ザイダ。
thP6254094.jpg




 


ワダンは、シンゲッティとはまた違った魅力をもつ町でした。
街全体が城壁のように囲われていて、高台の上に新市街が広がります。




やっぱりアジア人の肌の色や顔立ちに、子どもたちは興味津々。
めっちゃいっぱいやってきます。

thP6244025.jpg
 
 
 
大統領の写真がプリントされたTシャツを着る少年。
thIMG_0332.jpg 



空手=日本
という構図をわかっているらしく、
空手で戦いを挑んできます。
 
いくら子どもとはいえ、アフリカの子ども。
10歳くらいの子どもにこてんぱんに泣かされるのは
プライド的にキツい
ので、
ははははははぁ~と笑って、大人の対応とさせていただきました。

thIMG_0334.jpg 



この真ん中の少年、
たのんでもないのに町中案内してくれたんですよ。
どこでそういう精神って習うんやろうなぁ。
ほんとに、こんな少年から学ぶことっていっぱいあるんですね。
thIMG_0333.jpg






将来の夢は何かと、だいごがある少年に聞きました。
『宇宙飛行士』だそうです。
その子は中学生くらいやったけど、英語もオレよりよっぽどペラペラ。
大人でも英語しゃべれる人少ない国なのにね。
世界に羽ばたきたいっていうアツい夢は、どんな環境に生まれたって持ってる。
豊かな国に生まれたオレたちの特権なんていうふうに思うべきではな。

ぜったいに叶うように応援してる
って言いました。
thIMG_0335.jpg 




夜メシはこのクレープ。
これ、西アフリカで一番ウマかったよ(#゚Д゚
もはやちょっとオシャレなカフェとかで食べる味やし。
激ウマ♡
thP6244048.jpg
 



明日は、アフリカの目に向かいます…!

 


そういえばこの日ね(ぷぷぷ…)


晩にどこかにふら〜っとでかけていったアブドゥが
3分で車で帰ってきたんですよ(苦笑)


彼、スコーピオンに刺されたそうです(死)


本当に2、3時間立ってるのがやっとみたいでした(怖)


かわいそうでした(ぷぷぷ…)


てか、その辺歩いててほんまにさされるんや(脅)




あんなに余裕ぶってたアブドゥ、
ふら〜っと宿を出て3分で帰ってきました(ぷっ)
 



 
恐いところです、砂漠(恐)



おもろいやつです、アブドゥぷぷぷぷぷ…(酷)





世界一周ブログ村ランキングに参加しています。
現在10位くらい(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
よろしければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

携帯・スマホの方はこちらの文字をクリック
にほんブログ村


x
るーさんと申します。たった今、世界一周中です。
ブログの『イイね』ボタンです。投票お願いします(・∀・)
カテゴリ
Twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
旅ともだちのブログ
直接わしのメールにコメント

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログを英語に翻訳だ
自宅でフィリピン留学
本当にフィリピン留学
ゲストハウス探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。