ふゅーラシア大陸横断。まとめ。 | GO→世界

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふゅーラシア大陸横断。まとめ。

11 21, 2013
えー。
それでは行きます。
NAVERまとめよりもまとまってるとうわさのROOSANまとめ。

ふゅーラシア大陸横断のまとめです!

ふゅーふゅー!!!
さむいやろ?知ってる!!








1 中華人民共和国

『この人世界一周じゃなくて中国一周のカテゴリにいけばいいのでは?』
というくらい滞在した中国。
それでも、ボクは中国の2%も見ていないのではと思ってしまうほど、
中国は広く、深く、興味深い国でした。




♨上海♨
最初に上陸した場所。都会的で物価も高く、人は、優しいけどなんか
「わたし天下の上海に住んでますけど何か問題でも」
的なオーラを感じました。雰囲気的には田舎者あつかいされましたね。
個人的には初日から詐欺にも遭いましたしね。笑
地下鉄や町並みなど、大都会なのにトイレだけ非常に汚かったり、
一歩路地を入ると、はだしでちんこ丸出しの少年がいたり、
観光地付近には物乞いがいたり、
貧富の差が目に見えてわかった場所でした。
「うわーオレ海外にいるー」って気持ちにさせてくれた場所でした。

 th201351.jpg
国民性を感じる、商店街でハバをきかせてダンスするおばちゃんたち。





♨西安・洛陽♨
中国の中でも反日感情が高いと言われる内陸部。
まさかと思いましたがオレも、
ベッドのシーツをビチョビチョにされるというイジメをうけましたよね。
あれは衝撃でした…
ただ、上海よりも時間がゆっくりながれているような感じ。田舎の都会って感じで。
ただ夜で歩くのは閑散としていて恐かったですね。
古都だけあって、城壁で囲まれた西安の街は見応えがありましたけどね!
洛陽で少林寺発祥の地、登封にいったときの
初めて触れる中国人の優しさも忘れません。
それは日本人同士とほぼ同じ。国同士の争いなんて関係ないんやなと思えた瞬間でした。

thIMGP0063.jpg
兵馬俑にて。べーまーようというと中国人に伝わります。

thIMGP0087.jpg
少林寺の大迫力舞台。USJよりテンション上がります。




♨成都・麗江・東チベット♨
ずっとまえまとめたので割愛します。
成都の、週12で通ったいきつけの食堂のおっちゃん、元気かなぁ。
東チベット僧のあの兄ちゃんは今も毎日変わらずあそこで修行しているんだろなぁ。






♨敦煌♨
このあたりから、風景は砂漠地帯へと変わっていきます。
平坦な砂漠地帯が一面に続きます。
シルクロードの基点となった街ですね。
食事にも、羊肉をつかった肉まんや、
麺にも豚肉が使われていなかったりと、変わっていきました。
もちろん漢人もたくさん住んでいるので、
というか顔はみんな中国人のお顔ですので、
ふつうの中華料理もあります。
月牙泉の絶景は今でも、中国の中で自分が一番紹介したい場所であります。


thIMGP0402.jpg
月牙泉。この湖は何百年とまだ枯れたことがないそうです。



ちなみに電車やバスの待合室はいつもこの大混雑。
その9割がカップラーメンを所持し、
ラーメン所持者の7割は、ラーメンの中に入れる
ソーセージも持っています。そのソーセージ、激マズで、しかしくせになります。
中国の電車には、ラーメンを作る用の給湯器が各車両にあります。
アホです。もうさ、だから電車側がアホなんです!
床はラーメンのカスとヒマワリの種できたねえですがそこに雑居寝してる人もいっぱい。
なんとも香ばしい国です。

thIMG3150.jpg


ちなみにちなみに。中国で一番美味しいカップラーメンはもう絶対にこれです。
絶対や。このムラサキ色のやつや。
どこの国でも、チャイナタウンとかに売ってたりするから!!
こいつにはめちゃくちゃお世話になりました。
みんな、要チェックやで!!

img71257768729130.jpeg 








烏魯木齊・吐魯番(ウルムチ・トルファン)♨
新疆ウイグルと呼ばれる地域で、トルファンは特に、とにかく暑い。
火焔山など、西遊記ゆかりの土地でもある(トルファン)。
地形は一面茶色の砂漠。でも天山山脈という、起伏の激しい山岳地帯です。
まとめて中国と呼ぶにふさわしくなくなってきます。
というのも、街の人々の顔は、
4割漢人、4割漢人とスタン系のハーフ、2割スタン系の顔って感じです。
その絶妙な混ざり具合が、町歩きをしていてとても楽しく、
ヨーロッパへ近づいてきているような感覚がありました。
ハーフ顔の人は、わりと日本人に似ているようにも思えて、
逆にボクは見た目で外人あつかいされることは少なかったようにも思います。
食事はまだまだ王道の中華。でも
スタン系の民族が集まるマーケット地帯も街の中心部にあったり。
その共存がめっちゃおもしろいです。


thIMG2837.jpg
公園でダンスする光景。これは中国どこに行ってもはやってるんやな。

thIMG2929.jpg
そこからバスで10分ほどでこの光景。ウイグル人はイスラム教徒。女性は頭に布を纏う。








喀什(カシュガル)♨

ここは完全に中国東部や南部とは別物。
ウイグル民族が大半で、漢人は一部の漢人ストリートなどに集中しているのみ。
ウイグルたちは漢人を嫌い、日本人であると説明すると親切にしてくれる。
漢人のようなガツガツくる感じも少なく、
どちらかというと日本人に近いような適度に距離をおいて親切な感じ。
食べ物は、中央アジアの名物料理、ラグマン(羊肉の焼きそばみたいなもの)。
それと中華が融合して、ラグマンどんぶりみたいなのもあった。
町並みは、モスクやマーケットなど、完全に中央アジアの雰囲気。
看板も漢字はほぼ見なくなり、すべてウイグル文字。
夜になるとネオンがピカピカに光ってて、そのあたりは中国でした。


thIMG3339.jpg
メロン一個5ドルほど。この光景は中央アジアでもずっと見ることになる。

thIMG3407.jpg
動物マーケット。豚の姿はなし。ヤギ肉はちょっと高級らしい。

thP7050462.jpg
日本語を話せるおっちゃん。日本人はこの地域ではかなり好かれている。









2 キルギス
一ヶ月滞在し、たいがいのところには行きましたが、
絶景的には最初の中国国境~オシュ間が一番でした。笑
どこもかしこも高原地帯。温泉も気持ちよかったな~
人が優しく、親日。そして顔も日本人に似ている。
そしてみんな胸筋が異常に発達している!ボディビルダー級の胸筋!全員!!
日本人のルーツとも言われる国。男なら乗馬ができて当たり前。

また帰ってきたい国第1位!思い入れのある国第1位!
※ただしキルギス滞在中は、
まじで早くこんな国出たくてしゃーないと毎日わめくワガママさんでした。
羊肉ばかりの食事に、体重は5キロ減!Haha!!
thIMG3560.jpg
羊使いのおじさん。夏場だけ高原地帯で放牧生活しているとかいないとか。

thIMGP8836.jpg

国境でチャイハネを営むおばあさん。たくさんの優しさに救われました。







3 ウズベキスタン
とってもハラショーな国でした。
スタン系の国々の中では都会的で、
公用語のウズベク語の他に、ロシア語も通じます。
羊肉だけでなく牛肉もおいしく、
クリームの入った水餃子のスープは絶品でした。
ただ、お金にがめつい国という印象も持ってしまったのは確かで、
運賃をふっかけてこられたり、
親切にされても見返りのチップを要求されたりなど。
観光地以外ではそんなこともないんですけどね。

thIMGP9169.jpg
サマルカンド。この広場は圧巻でしたね。


thP1070273.jpg
たいがい乗り合いタクシーで砂漠地帯を爆走。いい眠りっぷりですね。






4 タジキスタン
正直、派手な見どころと言ってとくにない気がするこの国。
でも、人の温かさに癒された国ではありました。
もう行かないかもだけど好きな国第1位!笑
おっちゃんは毛深く、ヒゲもボーボー。
おばちゃんはでっぷりしていてたまにまゆ毛もつながっている。
仏教寺院の遺跡跡などがあり、昔は他宗教が入り交じっていたことが想像できる。
チンギスハンに全部壊されたみたいですね。
マッシュポテトとペンネと牛肉のメシがおいしかったっす。
ナンが主食ですけど、米も売ってます。
独裁国家で、首都ドゥジャンベは大統領の写真ばっかり。
ケンタッキーの偽物にマクドの偽物。外資系ゼロ。
男はみんなひげづらにTシャツにジーパン。
遊ぶところと言えば…首都の郊外に遊園地は発見しました!
なんて統一感のない文章なんだオレ!!

thP1060826.jpg 
よぉ持ちましたね(,, ゚Д゚)!アフガニスタン国境付近にて

thIMG5675.jpg

老若男女を問わず、メッシのTシャツは人気。こいつめっちゃいい顔するな!あと、老はいいすぎた!












5 トルクメニスタン
えー。まちがいなく、
今までの行ってみて衝撃だった国第1位です。
所得税なし。教育費、水道代、電気代タダ。交通費激安。
すべてはオイルマネーです。
初代大統領ニアゾフの墓は魂のモスクと呼ばれ、
タージマハルに次ぐ世界第2位の面積。
現在は軽い鎖国状態になっていて、撮影などは基本禁止。
外交にもっと積極的になれば、第2のドバイでしょうね。
国民がそれほど困窮していないからか、
ぼったくりなどのふっかけもなく、
都市部ではチャリンコの趣味の集まりや世界一でかいバザール、
60円で遊べる遊園地もありました。
都市部は大都市やのに、人々は民族衣装。
国民が国の発展に追いついてないような印象の国です。

thDSC07359.jpg
ガスクレーター(地獄の門)。ここでの野宿はまさかの死ぬほど寒かったです。

thIMG6246.jpg
仲良くなったトルクメ兄弟。兄(右)は今は北海道で日本語の勉強中です。

thIMG6525.jpg
おじいちゃんと魂のモスク。その帽子、ぜったい暑い。トルクメ暑かったもん。蒸れまくってはるわ。














6 イラン
人がとにかく優しい!!
自分がしてほしい優しさのさらに2段階上をいく優しさ。
ここまで優しくされることって、あんまり男子にはないんやけど、
男子とか女子とかの垣根をこえて、万人に優しくできるすばらしい人たち。
もっと長く滞在したかった国第1位!
つい最近もデモで死亡者とかでてたり、反社会的な国と思われがちやけど、
違う!!悪いヤツなんかひとりもおらん!!それは言い過ぎや!!

食事のバリエーションの無さには正直きつかった。
ただ、久々の米(バターライス)はかなりおいしくて、
羊肉も、ライムで臭みを消すなど、食べ方に工夫があった。


thIMG7110.jpg
マシュハドの圧巻の礼拝時間。イスラム教ってすばらしい。


thIMG7100.jpg

出国前日、かなりピンチだったオレに、自分の仕事をほったらかして助けてくれた恩人(同い年)。

thIMGP3830.jpg 
12世紀、世界の最先端を走っていたイラン。ステンドグラスがキレイすぎる。
実家の窓これにしたい。












7 コーカサス
(アゼルバイジャン・グルジア・アルメニア)

ヨーロッパの洗練されたところと、中央アジアのゆったりした雰囲気が
癒合したような、すごくいごこちのいい国。
ただし、宗教は完全にキリスト教で、
イランから国境をまたいだ瞬間顔にまいたスカーフをとる女性が印象的でした。
アゼルの首都バクーで見たカスピ海の汚染度合いにはびっくりたまげましたが、
その他は、心が洗われるような澄んだ高原や、美女。(,, ゚Д゚)美女!!
結婚相手を見つけに戻るならここ!第1位です。
ちなみに第2位とかべつにありません。爆

thIMGP4413.jpg
アゼルバイジャンのフレームタワー。オイルマネーてものすごいんですね。炸裂です。

thIMG7317.jpg
世界一幸せが約束された美女の結婚式。後ろの絶景もまぁ、すばらしい。

thIMG7609.jpg
世界で最も幸せになるに決まっている奥さんのひとりをみてしまいました。
夫はまゆ毛が非常に濃い男です。後ろは、なんか有名なとこです。









8 トルコ
正直、観光地にしか行ってないのですが、親日をとても感じる国でした。
トルコ語はぜんぜんわからなかったのですが、
サイトで日本語に翻訳してコミュニケーションしてくれるおばちゃん、
同い年の散髪屋のにーちゃんとは今もFacebookでコメントをくれる仲良しです。
(トルコ語でコメントくれるので、なんて行ってるのかはフィーリングです。)
カッパドキアでは親日の旗が掲げられ、女性殺害事件への償いの気持ちが。
日本のように島国ではないけど、
周りをほとんど海で取り囲まれているので、魚がめっちゃおいしく、
パンも中央アジアやコーカサスのナンとは違い、ヨーロッパ風。
アクティビティーや見どころなどが各地に充実していて、それはきっと日本並みです。
この国飽きないな!って思わせる国でした。


thIMGP1071.jpg 
ききゅー

thIMGP0889.jpg
黒海をバックに高台でティータイムです。





最後に、ここまでのルートです。








いや。陸路横断とかいいつつ、
中国のとこ、一回とぎれてますけど(,, ゚Д゚)!!!!!爆

いや、一回東南アジア行って戻ってきたからね。細かいことを言うなよおまえはよぉ。もぉ。。









ということでですね。
長期で海外にいると、日本との決定的な違いを感じなくなり、
正直、旅に衝撃的な感情が減ります。
そのかわり、国をまたいだときのささいな変化に気づけることがあります。
隣の国同士、仲が悪かったり、仲良しだったり、
それだけでも国民性や街のつくりなどが違ってきます。
それを感じながら、静かな変化を見つけていくことができるのが、
陸路移動の魅力やとおもいます。
また、逆に、
国を移動してもなにも変化しないことが、
心があったまったりします。



ヨーロッパはまた結婚相手ができて、
ハネムーンでいくとして!!
(わし、行けるよね??!ハネムーン(((,, ゚Д゚))))

トルコまでを横断できてよかったです(^_^)







では次回、
『ようやくアメリカ(*´∀`*)』






今日も読んでくれて、あざす。
長がったでしょ?すまぬ。
世界一周ブログランキングに参加しています。
PC画面の方は『る』ボタンをクリックお願いします(>_<)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


スマホ・携帯画面の方は下の文字をクリックお願いします!
にほんブログ村
スポンサーサイト
-4 Comments
By ISO11 21, 2013 - URL [ edit ]

昨日の「世界行ってみたらホントはこんなとこだった!?」でUAEやってたよ!

By ハサミ11 22, 2013 - URLedit ]

メッシのユニフォーム着てる男の子の後に映ってる男の子が一番きになったよ(ノ*・ω・)ノ

By るーさん11 22, 2013 - URL [ edit ]

そーい

バージュハリファ登ったはったやろどうせ?(゜∀゜)

By るーさん11 22, 2013 - URL [ edit ]

ハサミちゃん

え?!あの子は絶妙に股間にモザイクいれる必要の無い子やで!!
オレも全裸で遊べなかったところがまだまだオレの弱さやわ…

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
るーさんと申します。たった今、世界一周中です。
ブログの『イイね』ボタンです。投票お願いします(・∀・)
カテゴリ
Twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
旅ともだちのブログ
直接わしのメールにコメント

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログを英語に翻訳だ
自宅でフィリピン留学
本当にフィリピン留学
ゲストハウス探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。