暴力反対ー(;´Д`)【モロッコ】 | GO→世界

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴力反対ー(;´Д`)【モロッコ】

07 18, 2014
 
2014年6月12日


マラケシュ空港【モロッコ】
thIMG_3968.jpg 



たった4日しか滞在できなかったイギリスを離れ、
悪名高きライアンエアーで5時間。
(Eチケットを印刷して空港に行かないとふつーに搭乗させてもらえないらしいっすよ!)



モロッコ。
るーさん初となるアフリカ大陸に上陸いたしました(*´∀`*)



空港を出てすぐ見えた建物にゾワっ…


この陰部の毛のような文字やでぇ。。。
(ごめんなさいモロッコの人…だってそうなんだもの…(゜∀゜))
イランにいたときも、
入国と同時に、アラブ語が読めない、数字さえ全く読めないことに
冷や汗がたらたら出て止まらなかったのでとりあえず真顔をしてみたことを覚えていますが、
もしやモロッコもそうなのだろうか…(,, ゚Д゚)
やべぇ…またいっぱい覚えるまでコミニケーションできん…




と思ったのもつかの間。
数字とかもふつうやし、英語表記もあちこちにありました。

はい楽勝ー(´∀`)ははははは
モロッコ楽勝ーーー(´∀`)はははは








るーさんはこのとき、
まったく楽勝で終わらない一日になることをまだ知らなかった…









ぐ…( ̄ー+ ̄;)












マラケシュ空港に着いたのは夜の7時。
外がまっくらやったら空港泊かなぁと思ってたら、全然まだ明るい。
感じ的にあと1時間は明るいはずだ。



そう思ったら迅速に行動である。
今晩のうちに旧市街、ジャマ・エル・フナ広場まで行ってしまおーう。
聞くところによると、
そのなんちゃらフナ広場がマラケシュ観光、安宿街もある中心地である。
行っちゃおう行っちゃおう。



空港から夜の9時までは市バスがでている。(それ以降はタクシー)
なんちゃらフナまで15分くらいやったかな?3ドルくらいやったかな?
とりあえず、
空港からそんなに遠くなく、安すぎもせず高すぎもしないバスが通っている。



バスのうんちゃんが降りろよーと言って合図をくれたところで降りた。
たぶんここがなんちゃら広場なんでしょう(´・ω・`)
確かに人がいっぱいいる。
ちょっと陽も落ちて暗くなってきてたので、急いで宿を探さなければ。
(といっても、事前に目星も予約もしていない余裕っぷり。)
どっち進んだらええかな〜と思って立ち止まってると、
浮浪者みたいなおっちゃん(以下、ムハンマド一世)が話しかけてきた。






一世『ようこそマラケシュへ〜(*´∀`*)なんてホテル探してるんだ?(*´∀`*)』



はい、うっとしいの来たー。
さっそくかい。
どうせ案内してチップ要求するパターンでしょうが。


聞いたことある。
モロッコは世界三大ウザい国のひとつなのである。


ま、うざい人にはさんざん会ってきてるから。余裕。
ごめんなおっちゃん。スイスイだまされてやれなくて。
毅然とした態度でおっちゃんを無視するオレ。


一世『どした?!ホテルを探してるんだろ?
わしが案内するやん?!なぁ(,, ゚Д゚)?!』






無視はこのおっちゃんには効かないらしい。
5分ほどつきまとわれて、作戦を変える。



る『いらん。ほんま、いらん。どっかいけ。』


立ち止まり、正面を向き真顔で言いたいことのみ伝える作戦である。

それでもつきまとわれる。
効かないのね〜〜そうなの〜〜〜〜



オレもだんだんイライラしてきて、
ついには手で『シッシッ』とジェスチャーをしたとき、
ムハンマド一世、キレる。



一世『なんだそのジェスチャーは?!ありえない(,, ゚Д゚)
モロッコではそれは侮辱に値するんだ(,, ゚Д゚)もう知らん(#゚Д゚)
おまえはクソだ(#゚Д゚)ハァハァ』




怒らせちゃった(´・ω・`)
まぁ、これでこのおっちゃんもどっか行くやろな(´・ω・`)



と思ってたら、
別のおっちゃん(以下、ムハンマド二世)にバトンタッチして
そいつが来やがった(;´Д`)

しかも二世のほうがさらに浮浪者っぽい。目がイッちゃってる。




二世『手のジェスチャーは絶対やってはいけないよ。
ここからはオレが案内するよ。来い。』




いや、いらん(T-T)
ほんまついてこんといてほしい(T-T)



ほんまにいらんから。
ほんまにほっといてほしいことを告げる。
確かにこんなにしつこいのもなかなか珍しいわ。



そこにまともそうなおにいさん(以下ムハンマド三世)現る。


三世『どうしたんだ?オレはホテルのオーナーだ!
安いぞ!ついてこい!』




とりあえず、二世から逃げたいので、
まだまともそうな三世についていくことに。



三世『大丈夫だったか?今はラマダン(イスラムの断食)の時期が近いから
みんな酒を飲んで荒れてるんだ。よし、ついてこい!』




なぜかその後もついてくる二世。
三世とずっともめてる。
オレが見つけたカモを横取りするな!ってところだろうか。



一時は三世に救われたような形になったが、
急に狭くて暗い路地にオレらを連れて行こうとする三世。


やっぱあやしいんかい…(T-T)


しかも、二世もついてきていて、
なぜか細い路地あたりから、三世の宿に行くことに協力しだしている(;´Д`)



こいつら全員あやしい…(T-T)



一本目の路地は、50mほどむこうに明るい通りが見えたので
しぶしぶ二世と三世についていったが、
さらに二本目の細くて暗い路地を曲がろうとしたとき、
なんとなくるーさんの第六感が危険を察知。


このままついていったらやばい気がする。



そこで、
るーさんは三世に事情を説明する。
る『ボクはあなたを信用したいけど、まだできない。
なぜならさっき出会ったばかりだ。
細くて暗い路地に入ることも不安に感じる。解放してくれ。』 




三世もものわかりが悪い。
だんだん顔がマジになっていき、
絶対に暗い路地に連れ込もうとする。



ここで、無理矢理その場を離れようとしていた背後で、
なんか大声でケンカが始まっている。


二世と三世がガチ喧嘩しとる(((((,, ゚Д゚))))) 

 
オレらというカモを取り合って喧嘩しとる…
やめとけ…おんなじ名前なんやから仲良くせぇ…(;´Д`)(命名はオレやけどな。)





以下、オレの想像
二世『もうすぐこいつらから金をせびれたのに!!何やってんだ!!』 
三世『知るか!!もうこいつらはオレのもんや!おまえはどっか行け!!』



そして、
三世、二世をガチでボコボコにしだす。




 
あわわわわ…(;´Д`)
こりゃいかんばい(;´Д`)
なんて荒々しいんざましょ…(;´Д`)



そこで傍観していたオレたちがたまたま立っていたのは
ちょっとお高そうなホテルの前。



とりあえずおまえらそのホテルに避難しろ!とその場にいた現地人に
言われるがままにホテルの中へ。



そのホテルのオーナーは、
一世、二世、三世とは比べ物にならんくらい
いい人オーラが出た、おっとりしたおじちゃんでした(*´∀`*)



『こわかっただろう。マラケシュの夜は危ない。
今夜はここに泊まっていきなさい。
また明日宿を変えてもいいんだし。』



商売っけがないような、
逆に商売の専門学校にでも通っていたんではないかというような
おっちゃんの模範的声かけにより、


ちょっと高いこの宿に1泊することを決定。
(一泊2200円くらいしたかな。安宿なら700円くらいからあるのでやはり高いが、
いいのである。)



<模範的声かけのステキなおっちゃんと>
さすが。佐川男子みたいな服を召されていますね(*´∀`*)
thIMG_9408.jpg 




モロッコをなめてかかってましたが、
やっぱりモロッコは世界三大うざい国みたいです(´・ω・`)




次回
『マラケシュの魅力お伝えするつもりで今はおります』




世界一周ブログ村ランキングに参加しています。
現在25位(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
よろしければ応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

携帯・スマホの方はこちらの文字をクリック
にほんブログ村


x
スポンサーサイト
-2 Comments
By そうい07 18, 2014 - URL [ edit ]

行った!行ったよ!モロッコ!マラケシュ!
フナ広場の蛇つかいやダンサーは日本人見つけたらすぐにチップを要求してくる。
物売りのじじいは断っても断っても1日中つきまとってきてたな。
うざい国ランキングではインド以上です。

By るーさん07 18, 2014 - URL [ edit ]

so-i

マラケシュマラケシューー。
他どこ行ったんや?シャウエんとかか?わしゃシャウエン行っとらん!!
モロッコすごくよかったよ(*´∀`*)

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
るーさんと申します。たった今、世界一周中です。
ブログの『イイね』ボタンです。投票お願いします(・∀・)
カテゴリ
Twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
旅ともだちのブログ
直接わしのメールにコメント

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログを英語に翻訳だ
自宅でフィリピン留学
本当にフィリピン留学
ゲストハウス探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。