砂砂砂砂砂砂砂砂 | GO→世界

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂砂砂砂砂砂砂砂

07 29, 2014
 

2014年6月21〜23日




〜前回までのあらすじ〜


なんでこんなにアブドゥは老けすぎているんだろう。
その理由がなんとなくわかったるーさん。
そんなアブドゥの笑顔に励まされ、
灼熱の砂漠での生活がだんだん楽しくなってくる。
がぶ飲みフルーツオレを嘔吐くまでがぶ飲みしてぇ〜〜ビックルでもいい〜〜〜









あ、どうも。ほじほじ。
thIMG_0260.jpg 



ぴしゅーっ。へっへっ
thIMG_0261.jpg 





また地球を汚してしまった…
反省るーさんです。








『そんなことより後ろの景色なんですか?いいですねぇ』
と、今日もこりずにボクのブログを読んでくださる美女の声。
うん、聞こえる聞こえる。
この声色は間違いなく美女や。








ここシンゲッティは、砂の町と呼ばれています。
まぁ、見たまんまの名前です。


ゴミ処理施設がないため、
町のまわりは砂漠にゴミが散乱しています。悲しいことですね。
thIMG_0131.jpg 




でも、そんなゴミだらけのところをさらに奥へとすすむと、
一面の砂。砂。砂。
thIMG_0142.jpg thIMG_0157.jpg thIMG_0137.jpg 




オレたちがイメージする『THE サハラ砂漠』がそこにはありました。
thIMG_0232.jpg 
町の高台から遠くを見渡して、
『あのへんあやしいなぁ』と思って行ったらこんなんだったんですよね。
オレってやっぱり、お察しの通り、言わずもがなただ者じゃないですよね。。









カメラワークひとつとっても、
女性の自然な笑顔を引き出せる男、るーさん。
うむ…末恐ろしい男だ、オレ…(あくまでオレが主体)。
thIMG_0206.jpg 
砂に青が映えるね(*´∀`*)
ブログ村の、オレとは比べ物にならんくらいだいぶ人気ブロガー、りのちゃん。なぜなのだ。









昼間はなるべく外にでたくないるーさんたち。
それはオレたちがダメ人間なのでは決してなくて、現地人も同じ。
みんな夕暮れから活動しだします。
 

それまでの間、るーさんは部屋で砂漠の保存食サバ缶を食すのである。(サバじゃないかも)
thIMG_4565.jpg 

ちなみに、ここモーリタニアを含め、西アフリカは、
過去にフランスに占領されていたからか、
フランスパンが非常においしいです。
 

ちょっと…あの…あまりにも普通のフランスパンやったので画像がないんですが…
フランスパンにサバ缶を具としてつめて食べたら非常に美味なのであります。






4時くらいになり、
すこし暑さもやわらいできた頃、
今日もアブドゥが町を案内してくれました。

thIMG_9902.jpg 


    
この廃墟は旧市街。
それだけ聞くと、もう誰も住んでいない場所のようやけど、
今も住む人たちだっています。

thIMG_4472.jpg 



現地人はみんな、少しの英語を話せます。
みんなと意思疎通できて、想いなどを聞けるのは、とても貴重な時間です。

thP6223551.jpg 
オレ、浦島太郎みたいやな…ルックス…
「浦島るーさんの、世界行ってみようやってみよう」
にブログタイトル変えよかなぁ…
サブタイトルをいったんこれにしてみました。
案外ダサかったです。そのうちまた変えます。笑







町の小さな商店にて。
赤ちゃんは、初めて?見るアジア人に興味津々。笑
thP6223616.jpg 



町中の人が笑顔で『ウェルカム』って言ってくれる。
ムスリムの人って、どこの国でも客人に親切にする気持ちが強い。
ときに争いを生むからその是非を問われるけど、教えの根本ってすばらしいと思う。
thP6223619.jpg 



まぁ、そのあとおみやげを売りつけられるのは定番コースなんですがね…笑
thP6223617.jpg 








500年前の本が残されているという図書館にも入れてもらいました。

thIMG_4543.jpg 



今はモーリタニアで主流ではない、アラビック文字。
穴あいてまっせ。(´・ω・`)なんかすげぇ…
thIMG_4538.jpg 



このおっちゃんが図書館の館主。
わざわざ自宅からかけつけて開けてくれました。
手に持っているのは、古代の人が何かを入れていた何かです。
thIMG_4545.jpg 









ここは、旧市街と新市街をへだてる一本道。
奥が旧市街です。

そして写真右端に写っているのは…(´・ω・`)
thIMG_9940.jpg 


imagesfrfrfrfrf.jpeg 



あまりにも酷似しとる。爆




 

ああ、りのちゃんでしたか。
あまりにもヒヨコまんじゅうに激似でした。ほんまおもろいな君は。



この写真はめっちゃくちゃいい笑顔(*´∀`*)
カメラマン(る)に感謝しぃやΣd(-`ω´-〃)

thIMG_9946.jpg 





もうすぐ日没。
色とりどりの布を巻いた女性たちが、家路を急ぐ。

thIMG_0119.jpg 



ロバの荷台に乗った少年たちが横を駆け抜ける。
thIMG_0121.jpg 




ああ、せっかくロバの少年が声かけようとしてたのに
女性たち、車に乗るのね(´Д`)
thIMG_0122.jpg 
町中みんなが知り合いなんでしょうね。
ちょっとした助け合いでみんなが笑顔で生きてる。



ネットもない、
頑張れば数時間で着くであろう首都にさえ
生まれてこのかた行ったことがないような人たち。

オレやったらもっと涼しい土地を求めて遊牧民にでもなろうかな。笑



でも、なぜかまた帰ってきたいと思える町でした。
不思議ですね、この感情。




ありがとうシンゲッティ(*´∀`*)
thIMG_0289.jpg 



次回
『なんでこうなるのか。
死ととなりあわせのラクダツアー』





世界一周ブログ村ランキングに参加しています。
現在11位(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
よろしければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



携帯・スマホの方はこちらの文字をクリック
にほんブログ村


x


スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
るーさんと申します。たった今、世界一周中です。
ブログの『イイね』ボタンです。投票お願いします(・∀・)
カテゴリ
Twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
旅ともだちのブログ
直接わしのメールにコメント

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログを英語に翻訳だ
自宅でフィリピン留学
本当にフィリピン留学
ゲストハウス探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。