どこにでもある最高の景色。 | GO→世界

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこにでもある最高の景色。

09 14, 2014
 

2014年8月22日



~前回までのあらすじ~


前回は非常に長ったらしい日記でした。
チッタゴン、ランガマティと移動してきて、
チャクマ族のローズリーちゃんに会えました(^_^)
ローズリーちゃんは好奇心旺盛で明るく、
とても素直な女の子でした。
でも、そんな彼女は
自分に与えられた運命を、
すでに受け入れようとしていたのです。
 




どもです。
リアルタイムは広島じゃけ。←
広島風お好み焼きは、9文字でいうとするなら
『待ち焦がれていた味』でした。
リノちゃんのオマケとして
たくさんの読者の方とお会いさせてもらってます。
みんな口を揃えて言うのが、
『るーさんのほうが面白くてステキですね!結婚してもらえませんかねぇ?』です。
ウソだよーー( ´ ▽ ` )ノ






さて。
左から、
この3日後に柳沢慎吾になる男、知性が宿るローズリーちゃん、ぽわ~んとした女。
therrIMG_6147.jpg 


後ろの橋は、ランガマティでは一番の観光地と思われるもので、
たくさんのバングラ人観光客が来ていました。
もちろん日本人はボクらだけですし、
もちろん橋の名前は聞いて2秒で忘れたんですけどね。






橋を渡って、ぷらぷら歩いていると、
あるバングラ人観光客にオレがからまれます。
therrIMG_4143.jpg 



『どこから来たの?日本?!ワーオ最高だ!』

『旅行で来てるのか?いつまでいるんだ?』

『このあとはダッカに帰るのか?』







いつものお決まりの会話です。
とにかくこの国では日本人は大人気なんです。
英語を話せるバングラ人とは必ずこの会話で盛り上がります。






10分くらい話したかな?
オレの手を全然離してくれません。
ずっとオレが話し終わるのを遠くで待つローズリーちゃん。





オレ的には、バングラ人はこうして積極的に自分に絡んでくれて、
見返りもなくとてもやさしくしてくれるいい人たちです。
彼らとはなんとか話しを切り上げて、ローズリーちゃんのところに戻りました。 
最後の写真撮影会長かったな~~~笑
therrIMG_4152.jpg 






ローズリーちゃんは言いました。


ロ『バングラ人を信用しない方がいいよ。
彼らは一見優しいけど、なにを考えてるかわからない。
とても恐い存在だから。』




『そうやね。わかってるよ。』
そう返答しながらも、
やっぱりな…と思いました。
民族間の争いがある人たちがよく口を揃えて言う言葉です。
ローズリーちゃんはそういう教育をうけてきているし、
今までも悔しい経験をしてきていることが容易に想像できました。








その後、こんな断崖絶壁の先から、シャンパンと呼ばれる船に乗りました。
therrIMG_4161.jpg 





これ。観光船なのでちょっと高いです。
さっき乗った船が6円なのに対して、これは150円です。
therrIMG_4164.jpg 





先頭さんの監修のもと、こぎ方を教わりましたが、
1日くらい練習しないとできなさそうやったのであきらめました(;´Д`)笑
therrIMG_4177.jpg 




 
ローズリーちゃんは言います。

『この川の景色が大好き。
ここは私にとって最高の大絶景なの。
他にどこにもいったことがないけどね。』




皮肉はこもっていません。
純粋にこの川の音とか景色が最高に好きなのです。



オレはわかります。
散々世界の絶景を見てきて最後に思うのは、
日々自分の目に映るものこそ、絶景だということ。
どんな当たり前の景色だって、
それは別の誰かにとっては
なかなかお目にかかれない絶景。









このあと、事件が起きました。
まぁ、ささいなことやけどね。笑






船をおりて、岸に上がると、
警察とたくさんのバングラ人が集まっていました。



警察は言います。
『なんでここに日本人がいるんだ?
パーミットは持ってるか?』




パーミットの用紙をそのときたまたま携帯していませんでした。
ホテルに置いてきてました。



それを言うと、
『なんでパーミットを携帯していない外国人を
船に乗せたんだ!
君はチャクマ族か?不審だな…!!』



執拗に怒られるのは
俺らではなくローズリーちゃん。
まわりであざわらうようにそれを見つめるバングラ人。 




チベットなどと同じく、パーミットが存在するのは、
なるべくこの場所に外人を訪れさせたくないから。
なんで訪れさせたくないのか。
それはチャクマ族のようなバングラ人と対立関係にある民族との
接触をさせたくないから。
理由の一つにあると思います。





その後、不審者扱いされたオレたちは、
ホテルまでパーミットを取りに行かされ、
ローズリーちゃんやパパさんを巻き込んでしまいました。
せめてもの救いは
彼女たちが拘束されたりしなかったことです。。。




今思うと、バングラ人が警察に通報したんではないかなと思うのです。
『チャクマ族の人間と外人が歩いているぞ!』って。
きっとバングラ人に案内されていたら、
職務質問などあり得なかったと思います。観光地なんですからここは。




ローズリーちゃんたちチャクマ族の抱えた運命を
垣間見た気がしました。
それは、イスラエルで感じたパレスチナ問題に似たところがあると思いました。
彼女たちは、バングラデシュ国民でありながら、
なんと肩身の狭い生活を強いられてるんでしょうか。。







そのあとは、
親戚が僧侶だということで、会いに行きました。 
therrIMG_4202.jpg 




彼は、日本語が少し話せました。この教科書で勉強したそうです。
therrIMG_4193.jpg 




日本に行くことなど許されない民族の人が、日本語を勉強する。
ローズリーちゃんだってそうです。
英語圏の国に行くことなんて許されないのに、英語が堪能なのです。
なんで?目的は?モチベーションはどこからくるの??
と思ってしまうのです。
勉強しても、それを発揮するときがこない。
その先の夢がすでに断たれているのです。


 



それは、
努力したら努力しただけ結果が返ってくる。
そんな言葉が意味をなさない世界です。
そんな次元で生きていないのです。
彼らは何に一筋の光を見ているんでしょうか。






オレたちと出会えたことをこころから喜んでくれた僧侶のお兄さんと。
therrIMG_6150.jpg 







ローズリーちゃんはこの一日、チリでオレが買ったこの財布を、
『とってもかわいい!!』と連呼してました。




俺はこの小銭入れを、りのちゃんにずっと貸してあげていたんですが、
ボクはこれをローズリーちゃんにあげることにしました。
therrIMG_6151.jpg 

 


リノちゃんがローズリーちゃんに財布を手渡します。
り『はい、これ今日のお礼(*´∀`*)』


 

ローズリーちゃんは、
そんなこと期待してなかったみたいで、
ものすごくうれしそうな表情で
『ありがとう、リノ!!!本当にうれしい!!
一生の宝物にするわ!!』

と言っています。


 


それをきいて、ボクたちはなんか泣いてしまいました。
もう一度絶対ここに戻ってこよう。
そのときは、ローズリーちゃんがほしがっている
たくさんの色がある色鉛筆を持って。






ローズリーちゃんとお別れした後、
オレらは安くて汚い食堂でやっぱりカレーを食べながら
物思いにふけっておりました。




オレは最後のローズリーちゃんの歓喜の笑顔を忘れられません。
『ありがとう、リノ!!!一生の宝物にするわ!!』

 




本当によかったね。











ん?



待てよ?





ありがとう、




リノ











ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…




待てコラぁ!!!!(,, ゚Д゚)
なんでリノちゃんだけ
感謝されとんねん(,, ゚Д゚)

あの財布、
もともとワシのやぞ(#゚Д゚)爆!!


 


次回
『2人旅終了のお知らせ。』

 







世界一周ブログ村ランキングに参加しています。
現在1フィーバーは終了したと思います笑(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
よろしければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





携帯・スマホの方はこちらの文字をクリック
にほんブログ村


スポンサーサイト
-4 Comments
By あんまん09 14, 2014 - URL [ edit ]

りのさんのところにコメントしたあんまんと申します^_^/
タイミングあえば神戸でお会い出来るかも⁈って思っています♪
もし、その機会ありましたらよろしくお願いいたしますです^_^

By KEIKO TANAKA09 14, 2014 - URL [ edit ]

るーさん、こんばんは、なんちゃって熊本人のKEIKOです(^^)v。初めてコメントします。世界には、まだまだ知らないことがたくさんあるんですね~。チャクマ族のこと初めて知りました。日本にいたらずっと知り得なかったことだと思います。日本にいれば当たり前の暮らしも、日本を出ていろんな人と出会い、いろんな体験をすることで、今まで当たり前だと思っていたこともすごくありがたく貴重なことだということに気づくことができる。私達には他の国のことはどうにもできないかも知れないけれど、今の裕福でいろんなことに無頓着で関心を抱けなくなった日本のことは少しはどうにかできるのかもしれませんよ~。るーさんが過ごした貴重な体験の数々をいつか、もっと多くの人に伝えていって下さいね~(o^-^o)二人旅終了まであと少し?残りも気をつけて!では~

By るーさん09 15, 2014 - URL [ edit ]

あんまんさん

神戸なんですね!^ ^
俺も六甲に住んでたことあるので
もしお会いできたら、神戸トークしましょうね( ´ ▽ ` )ノ☆

By るーさん09 15, 2014 - URL [ edit ]

KEIKOさん

その節は大変お世話になりました(>_<)
一生の思い出です。
そうですね、おっしゃる通り、
日本のことなら、今回いろんなところに行って
学んできたことを生かして
何かできるかもしれません。
KEIKOさんも、今まで旅や日常でたくさんの優しさや恩恵を受けて
僕たちにもそれを返してくださったのかなと思います。
次は僕の番ですね^ ^
ありがとうございました!!!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
るーさんと申します。たった今、世界一周中です。
ブログの『イイね』ボタンです。投票お願いします(・∀・)
カテゴリ
Twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
旅ともだちのブログ
直接わしのメールにコメント

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログを英語に翻訳だ
自宅でフィリピン留学
本当にフィリピン留学
ゲストハウス探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。