【プノンペン】最狂の歴史を知る。 | GO→世界

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プノンペン】最狂の歴史を知る。

06 12, 2013
 
はぁ。。
もうオレ、受け入れられない。
涙も出ない。
しんどい。
(まじでお腹痛くなりました)


でも書く。。。。。。。。。。。





プノンペン、
トゥール・スレン虐殺博物館

キリングフィールド
行ってきました。



カンボジア=アンコールワット
くらいしかしらなかったオレは、
カンボジアで40年前に起きた大虐殺について、
当然知りませんでした。



ボクが学んだ知識で簡単に説明します。

ベトナム戦争終結後の1975年~79年にかけて、300万人ものカンボジア人が、同じカンボジア人の手によって虐殺されました。
当時800万人の総人口のうちの300万人です。
79年には、14歳以下が人口の85%を占めていたそうです。(たしかに、老人をほぼ見かけません)
なんでそうなったん?
それは、「ポルポト」という男が関係します。
ポルポトはカンボジア人の裕福な家に生まれ、フランス留学や中国訪問などを経て、政界で頭角を現します。
当時ベトナム戦争の戦火で国内自給率が減り、かたや農村の人々は都市部に避難してくるため、
カンボジアの国力はめっちゃ低下していました。
ポルポトは、そういった人々を農村に戻し、昔からの生活を強制しました。
それだけならいいのですが、反対する住民や、自分の政策に異論をたてることのできる知識人(医者や語学力のある人など)をどんどん殺しました。
拷問し、うその罪を無理矢理言わせ、殺しました。
親族は、恨みをもって反逆されることを恐れ、皆殺しされました。



母子が一緒に生活できたには6歳まで。母親は殺されました。

2014.jpg



なんの罪もない人たちが拷問をうけた建物です。
床や壁には今も血痕があります。

2017.jpg



中はこんな感じです。小部屋に別れていて、一人一人収容されたようです。
メシは1日1回のおかゆ。風呂は週に1度、ホースで水をかけられました。
2020.jpg2019 2 



拷問によって罪を認めた者がつれてこられるのがここ、キリングフィールド
当時はカンボジア内に300カ所あったそうです。
今では、慰霊碑が立てられ、一面の野原です。
2022.jpg 


この木はキリングツリー。
拳銃などお金のかかる武器ではなく、ここに頭を打ち付けて殺されました。
ここで殺されたのは主に赤ちゃんや幼児です。
2029.jpg 



虐殺につかわれた道具。もとは農作業のクワなど、どこででも調達できたものです。
2030.jpg


この木の幹にあるトゲトゲは、固くて丈夫なので、これも殺人に使われました。
2023.jpg


その後、あまりにも不可能な政策と、大量虐殺により国力が逆に低下したことにより、
ベトナムに攻め入られ、ジャングルに逃亡したポルポト。
晩年は毒殺されたそうです。



それから40年。
ボクの見た、首都プノンペンは、大発展を遂げていました。
高層ビルに高層マンション。
大型スーパーにブランド店。
2014年にはイオンモールができるそうです。
バイクはまだまだ大量ですが、
ベトナムよりも車の交通量が多いのは、
富裕層の多さゆえでしょう。
水事情は先進国並みに整っているそうで、
どこでも清潔な水がでるし、
宿では温水シャワーがあたりまえに出ます。
めざましい発展ではないんでしょうか?


日本も、
第二次世界大戦の敗戦から這い上がってきた国。
カンボジア人の大半は、
そんな日本を尊敬し、目指すべき国と思ってくれているそうです。


頼むから、
大虐殺なんて誰もが忘れてしまうほど豊かな国になってほしい。
宗教や政治って、
本当に世界に平和をもたらさないもんやな。。



10年、20年後に、
なにか行動で助けられる人間になっていたい。
今はとりあえず、知ったことが収穫。





今日も読んでくれて、あざす。元気っす。
よかったら(スマホはPC版画面で
下の地球ボタンを
応援クリックしてくださいと言わせてください。
現在、2022サイト中14位くらいかと。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ    
  にほんブログ村
スポンサーサイト
-2 Comments
By 07 09, 2013 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By るーさん07 10, 2013 - URL [ edit ]

ゆかさん

コメントありがとうございます。
二ヶ月前の記事だったので、
改めて自分で読み返して、
本当に知ることができてよかったと感じています。

ボランティアに行かれるなら、
ぜひ現地のいまの状況を知ってから何を今すべきか
考えてください。

僕自身、
すべて知ることができたとは思っていませんが、
少なくとも、
たった数年前にカンボジアで必要とされていたボランティアが
今必要ではないことがわかりました。

日本人だからこそできることをしてください。

実際に動くことができるあなたのような方の行動力を
本当に尊敬します。そして応援します。
自分も必ず、できる何かを探してみせます。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
るーさんと申します。たった今、世界一周中です。
ブログの『イイね』ボタンです。投票お願いします(・∀・)
カテゴリ
Twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
旅ともだちのブログ
直接わしのメールにコメント

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログを英語に翻訳だ
自宅でフィリピン留学
本当にフィリピン留学
ゲストハウス探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。